決済処理を行うためのプログラム

決済処理を行うためのプログラム

小規模〜中規模のサイトで、早々に決済サービスを導入やりたい場合に向いているのです。通信処理部分の開発は不要ですけど、一定以上のシステム開発工数は掛かります。

モジュールタイプは中規模から大々的のサイトに向いています。ECサイトなど提供するサービスによってはどっぷり検討すると何よりのでしょう。

さらに、決済画面のデザインをどのくらいカスタマイズ出来るかなども確認しておくこと。決済代行業者が用意する決済画面にリンクを飛ばす方式です。

また、開発のためのプログラミング言語の指定がある場合は注意が必要です(Java、PHP、Perl、.NETなど)。1カ月〜2カ月程度見ておいた方が申し分のないでしょう。

システムの導入は比較的楽で、1週間程度で実装出来るのでしょう。決済処理を行うためのプログラム(モジュールと呼ばれる)を、自社システム(サーバ)に導入する方式です。

また、リンクタイプでは、クレジットカード番号を持たずに処理出来るなどのセキュリティ面のメリットもあげられます。決済画面のユーザビリティやデザインが粗果と、コンバージョンレート(転換率)が下落する恐れがあるのです。