日本に30から40社程度ある

日本に30から40社程度ある

固定費としてかかってしまう初期費用や月会費も重要ですが、決済代行会社を選ぶ際には「決済手数料」「決済処理料(トランザクション費用)」が別途重要になっておりきます。個別に各クレジットカード会社(VISA、MASTER、JCB、AMEX、DinersClub)と契約を結ぶことは、審査・システム・運用などの観点でとても困難であって、多彩な決済手段を導入するのは決済代行会社を利用するのが現実的です。

決済代行会社は現在日本に30-40社程度ありまして、各社はセキュリティや対応決済手段、システム構築、支払サイクルなどで差別化を図っているのです。急成長するネット通販においては決済手段としてクレジットカード決済が60%に達すると言われており、実店舗などでのオフラインの商売、ネット通販などのオンラインの商売に関係せず決済手段の充実は重要な経営課題となっています。

折り入って最近ではAlipeyや銀聯カードに代表されてしまう海外向け決済手段の拡充や、携帯電話を利用するキャリア決済など決済方法の拡充が進む傾向があげられます。現在決済手段はクレジットカード決済や電子マネー、コンビニエンスストアエンスストア支払いなど多岐わたりいますのです。

「決済手数料」は決済金額に対して%でかかってしまう手数料で、取扱商材やオンライン・オフライン、流通額などによって料率が変わっていくこととします。1件単価は少額ですけど、流通が多くなり決済回数が増えると大きな費用となるため注意が必要です。

「決済処理料」はカード会社とのデータ通信料で、決済1件当たりにかかる料金になってくるでしょう。